スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦とべき論と自由

ちょっと気になっていることがある。
専業主婦という生き方について。

ワークライフバランス、男女共同参画、イクメンなどの話題で、
これからの社会状勢や個人の生き方を考えると、
専業主婦も働きに出た方がいいという話になっていく。

労働人口やら少子高齢化やらいろいろとリクツを組み立てていくと、
専業主婦よりも働いた方がいい、というロンリになる。
歴史的に見ると専業主婦の歴史はごくわずか、という話もある。
そのロンリは否定しないけど、ちょっと待て。

大前提として、人の生き方は自由、なんですよ。
日本国憲法で保証されています。

女性は家庭を守るべき
母親は子どもと一緒にいるべき

っていう価値観の押し付けよって、女性がしんどい思いをしている事実へのカウンターとして、上記の意見はある。
あることはわかる。
だからといって、

主婦も仕事にでるべき

という「べき」論になるのは、それ以前の価値観と同じ押し付け。
現に今主婦として行きているかたにしんどい思いをさせる。
ロンリを盾に専業主婦という生き方を否定してしまうのは、違う。

どう生きるかは個人の自由だし、それぞれの家庭で話し合って決めればいい。

それで主婦という生き方を選ぶならそれでいい。

もし、主婦という生き方にしんどい思いをしているかたがいれば、
「こういう生き方もありますよ」
と紹介すればいい。

けっして押しつけになってはいけないと思う。

僕はボランティアグループなど、主婦がメインのコミュニティーにも
所属してます。
すごくイキイキ活動されている主婦はたくさんいらっしゃいます。
社会には主婦によって支えられている部分がある。
これも事実。

今朝の結論、
主婦をナメるな。

ーーー

次女の言葉
「かあちゃんのしごとは、めっちゃいそがしいねんで。
 とおちゃんのしごとは…まあ…な…」
どういう意味?w


テーマ : パパの育児 - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

もくじ
コメントありがとう!
ざ・とらっくばっく
what's new?
アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。