スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆずぴパパ

育休パパとゆずぴたん

男性の育休取得率、最新の調査で1.56パーセント。
たったのこれぽっち。

これでも微増はしてるんです。
ゆずぴパパさんが育休をとられた当時の取得率は

0.56パーセント…

愛娘「ゆずぴたん」を溺愛?するパパさんの日記。
ゆずぴたん、かわいい&おもろいです♡

育休パパとゆずぴたん



☆クリックいただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
ポチポチっと…人気ブログランキングへ
感謝です!(^o^)


◎合格に魔法はないけどコツはあります◎
メルマガ<子育て中でもできる!ママのための資格試験合格のコツ>
↑こちら↑もしくは、右上のバナーから購読できます。

テーマ : パパの育児 - ジャンル : 育児

コメント

No title

おはようございますe-454

ワタシも、産後マタニティブルーに陥ってて辛いときダンナに育休について話したことがあります。
ダンナは、『とってもいいけど…復帰した時にどうなるかわからない』と言ってたんで、断念しました。
思えば、あの頃…本当に辛くて毎日泣いてました。
ず~っと引きずってたし…よく、復活できたなぁとしみじみしますよ(^^ゞ

育休の制度があっても、まだまだ社会的な保障には程遠いですよね。
ましてや、ワタシのように専業主婦だとダンナに働いてもらわないと生活できませんから。
ワタシが働いたところで、ダンナと同じ給料を貰い今と同じ安定した生活が送れる保証も無いですしね。
妊娠・出産に、冷たい世の中だなぁ…と制度が出来ても痛感します。
子供が生まれる前、働いていた頃同じ会社にいた方が産休から復帰されましたけど、1ヶ月後には辞めてしまいましたし…辞めざるを得ない状況に追い込まれてました。
幼稚園で、他のママさん方を見てると第2子・第3子…と子沢山のお母さんが多いですけど、実質出生率は年々下がってますもんね。

やはり、妊娠も出産も育休も…結局は保障すると言ううたい文句のある制度があっても、個人を雇う企業や一緒に働く方々の理解を得られないと難しいですよね。
ましてや、そんな制度が無いころに妊娠・出産したご年配の方たちにすれば『甘え』としか見られていないようですし。

No title

男性の育児休暇、あるといいんですがまだまだのようですね。

海外には男性の育児休暇って結構あたりまえのところなんてあるんですか?

あやべえさん

こんにちは。
マタニティーブルーって、ほんとに大変なんですね。
よく乗り越えられましたね。
きっと男性ならおかしくなってる…(^^;)

産休、パパが実際にとるのは、まだまだハードルが高いです。
ダンナさんの、
>『とってもいいけど…復帰した時にどうなるかわからない』
というのはほんとですよね。
でも、『とってもいいけど…』っておっしゃっただけでも、すごいことだと思います。

田和のことを話しますね。
5年前長女が産まれる時、奥さんがマタニティーブルーで精神的にしんどくなりました。
自分が奥さんを支えられていなかったことも原因のひとつなんですが…
それで、当時の会社をいつも残業せずに、帰っていました。
ある日上司に呼び止められて、
「なんでいつもおまえだけ早く帰るんや!?」
と、言われました。
その言葉で、産まれたら会社をやめる決意をしました。
産休なんて、この会社では絶対不可能だと思ったので。

でも、それから5年経って、当時の会社はどうかわかりませんが、社会全体を見れば、すこしづつですが、パパの育休のハードルは下がってきているんじゃないかと、希望はもっています。

> ましてや、そんな制度が無いころに妊娠・出産したご年配の方たちにすれば『甘え』としか見られていないようですし。

ここも、なんとか変えていきたいですね。

いつもコメントありがとうございます。
レス長文になってしまいました…

ハイパーパパさん

こんにちは。

> 海外には男性の育児休暇って結構あたりまえのところなんてあるんですか?

私もあまりくわしくはないのですが、ヨーロッパ、特に北欧のほうでは、進んでいるみたいですね。
日本でも、北欧をモデルにしたパパクォーター制度の導入が検討されています。
すこしづつですけど、進んでいると感じています。

もしよかったら、検索されてみてください。
パパクォーター制度

No title

ご紹介いただき、ありがとうございます(^^)

育休自体は、親の性別に関係なく
法律で1歳まで取れる権利はあるものの、
男性の取得者がなかなか増えないのは、
国の制度はあっても「申請し辛い会社の雰囲気」、
パパ自身に「仕事を長期に休んだらキャリアアップに響く」
など、躊躇する理由がたくさんあります。

私の場合、幸か不幸か、
昇進試験もなく経験年数で自動昇格の一方で
どんなに優秀でも絶対管理職になれない
という職種なので、キャリアアップについては
まったく考えませんでした。
また、妻のほうが年齢も学歴もず~っと上なので
その分給料もず~っとず~っと上で、
いつまでも休んでられたら家計に響くから
交替しちゃおうというセコイ事情も…(^^;)

まぁ、1%割れの頃には、ある意味「変わり者」でなければ
踏ん切りがつかなかったかもしれません(^^;)

ゆずぴパパさん

こんにちは。
こちらこそありがとうございます。

> など、躊躇する理由がたくさんあります。

そうなんですよね。
まだとれる環境になっていないのが、男性の休が増えない原因のひとつですよね。

> また、妻のほうが年齢も学歴もず~っと上なので
> その分給料もず~っとず~っと上で、
> いつまでも休んでられたら家計に響くから
> 交替しちゃおうというセコイ事情も…(^^;)

このあたり、ウチと状況近いです(*^^*)
やっぱり、ある程度、環境がないととれませんよね。

> まぁ、1%割れの頃には、ある意味「変わり者」でなければ
> 踏ん切りがつかなかったかもしれません(^^;)

「変わり者」バンザイ!w


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

もくじ
コメントありがとう!
ざ・とらっくばっく
what's new?
アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。