スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/15のツイートまとめ

nontapapa

時の政権は自分を「大人」だと思っているようだ。だから法的安定性が失われても、大丈夫なんだそうだ。国民を「キャラ」だと思っているようだ。だから同じ説明を何度も繰り返す。人はどんどん変わる。その点だけは大人も子どもも変わらない。
09-15 08:31

1〜3でのヨーダは「大人」だった。アナキンを「キャラ」として扱った。だからシスにつけこまれ、アナキンを失った。5と6に登場したヨーダはそれを悔いた。ルークを「人間」として扱った。だからルークを成長させることができた。
09-15 08:30

スターウォーズのヨーダ、キャラクタービジネスではまるで不変の完成品のように扱われているが、映画の中では全然ちがう。エピソード1〜3に登場した時と、5・6に登場した時のヨーダは別人。人との接し方も、哲学も全然別のものになっている。
09-15 08:30

自分は子どもだと認識しておいたほうが、他人への敬意を保ちやすいと感じている。自分を完成された大人だと思った瞬間、傲慢になる。
09-15 08:30

(つづき)キャラと人間の認識を自分に向けると、キャラ=大人人間=子どもだと思っている。自分を完成したキャラ→大人だと認識するか、成長途上の人間→子どもだと認識するか。
09-15 08:30

(もうひとつのオチ)時の政権が国民をキャラとして扱っているか、人間として認識しているか、僕が見るのはそこです。
09-15 06:46

さて、新作スターウォーズの登場人物は人間かキャラか。僕がみるのはまずそこです。(って、オチここかい)
09-15 06:44

物語には2種類あって、登場人物が完成したキャラとして登場するものと、変化中の人間として登場するもの。僕は後者の物語が好きです。
09-15 06:44

相手をキャラと決めつけると、敬意が失われる。他人も自分もつねにゆらぎ、変化し、(運が良ければ)成長してる。ゆるキャラみたいに固定化したものではない。
09-15 06:44

他人をキャラとして接するか、人間として接するかで付き合い方はすんごく変わる。キャラとは変化しないもの。人間とは変化するもの。
09-15 06:44

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

もくじ
コメントありがとう!
ざ・とらっくばっく
what's new?
アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。